11月を迎えて+今月の1枚(+2枚)

【今月の1枚】

20151104-2

(久々の)タマネギ列車(石北貨物) 下白滝-丸瀬布

1 11月を迎えて

 いよいよ今年もあと残すところ2か月。

 所内では,10月には,事務所の太田先生が担当している事件で,商品先物取引について,東京高裁で過失相殺0という判決が出ました(東京高判平成27年10月21日)。

 スマートCX取引を契機とした不招請勧誘により商品先物取引が回させられたという事案において,同裁判例は,開始された商品先物取引について,違法な勧誘を経て,先物取引の仕組みやリスクについて十分に理解しないまま取引が開始され,取引直後から外務員による無意味な反復売買が繰り返され(頻繁に両建ての同時仕切りがされているが,被控訴人が自らの意思でかかる取引をしたとは考え難い),損失が拡大した後も取引を拡大する方向で進めたなどと指摘し,「本件において被控訴人にも落ち度があるとして過失相殺をするのでは,かえって,商品先物取引法に基づく許可を受けた商品先物取引業者である控訴人とその顧客である被控訴人との間の公平を欠くと言うべきである」として過失相殺を否定し,請求を全部認容しました。

 最近当事務所は,商品先物取引事件の相談も多く,そのよう中で大変意義のある判決だと思います。
 詳しくは,事務所のHPを参照して下さい。

 私事としては,担当事件の中で,集団訴訟の1つスピーシー事件の東京訴訟の弁論が終結されました。
 数十人に対する尋問,ほぼ全被告に対する反論の最終準備書面と,何かと大変だったスピーシー事件の東京訴訟が一段落したことは大きな出来事でした。

 また,担当しているデリバティブ事件の1つが,現在,大詰めを迎えており,良い解決へ向けて最後の一踏ん張りです。

2 今月の1枚

 冒頭の写真は,久しぶりのタマネギ列車。
 一度は廃止が決定されていたタマネギ列車,しかし,地元の関係者などの努力で存続が決定。
 機関車も新しくなり,新たな姿で秋の味覚を遠く北海道の地から僕らの食卓へ運んでくれています。
 
 冒頭の場所は,石北本線の下白滝・丸瀬布間,北海道の東の果てです。
 朝日が道床を照らすと,その直後光をいっぱいに浴びたタマネギ列車が,オレンジ色に輝く紅葉の中を,ゆっくりとやってきました。

 次は,石北本線仲間の「特急オホーツク」,札幌と網走を5時間かけて結びます。

20151104-4

特急オホーツク 遠軽-安国

 昭和の時代から走り続けたこの名列車も,新車への置き換えが迫っています。
 真っ赤な紅葉の中を走ってくる姿は,かっこよかったよ?!
 
 次は,我らが日比谷公園の鶴。

20151104-5

 こんな秋がもう目の前ですね。
 秋が色づくころ,良い心持ちで迎えられるように,日々精進したいと思います。

 まず,今日の書くべき準備書面は,今終わりました(まだ確認作業がありますが)。
 さあ,明日は尋問,1日1日ですね。

3 追記

 先日(10月30日),このブログで以前紹介した秩父鉄道の桜とSLの写真が,「ヒルナンデス」で紹介されました。
 2014年4月28日「クラウドファンディング,そして,そして…2014春・鉄道コレクション」の「秩父鉄道 長瀞-上長瀞 SLパレオエクスプレス」の写真です。

 ある日突然,テレビ局の方から連絡あり,「今度秩父鉄道の企画があるのですが,自分が探していた光景とぴったりです。使わせてくれませんか」と。
 大変光栄な話に,もちろん快諾。
 いや?,ブログの威力ってすごいですね,ビックリしました。

 今後も同じような要請がありましたら快く応じたいと思いますので,お気軽に!(笑)

 季節は足早に過ぎていきます…。
 次は,この季節ですね。
 運転台にともる灯りが,哀愁を誘いますね。
 最近,撮影に行けていませんが,時間を見つけてまた行きたいですね。

2016-9-16-1

タマネギ列車(石北貨物) 深夜の遠軽駅にて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)