サジェスト機能

※リソー教育弁護団の参加申込み締め切りは今月末になっています。 弁護団に関する詳細は弊所ホームページの「リソー教育株主被害弁護団」の項をご覧ください。

 
 少し前に注目された裁判として,検索候補の表示差し止めの裁判があります(弊所の事件ではありません)。

 人名をインターネットで検索した際,サジェスト機能によって犯罪への加担が疑われるワードが表示される場合,それが当人の名誉棄損になるか,ということが争点になりました。
 サジェスト機能は,日頃インターネットを使う方であればすぐにわかるかと思いますが,検索ワードを途中まで入れると,続く検索ワードを予測して候補を出してくれる機能です。

 例えば,「弁護士」などといれると,候補に「費用」などと出てきます。
 これによって他の人が何を検索しているのかが分かり,どんな関連事項があるかが分かります。

 そう,候補として出てくる言葉は「関連」することですから,名前を入れて検索したときに,「詐欺」だとか「逮捕」だとか出てきてしまうと,ああこの名前の人は悪い人なんだな,と思われてしまう可能性があるのです。
 そのため,犯罪と関連ある言葉をサジェストされてしまったある人が,それは名誉棄損だという主張をして,その検索候補ワードを消すように求めた裁判が,先ほどあげた裁判です。

 結果は,一審は認容,控訴審では逆転棄却でした(東京高判平成26年1月15日)。
 まだ判決の原文にあたっていないので詳しいことは分かりませんが,控訴審の理由は「同機能が男性の人格権を害する記事を閲覧しやすくし,権利を侵害している」が,「侵害の程度は大きいとは言えず,検索サービスの重要性などを考慮すると,削除(差し止め)まで認めるのが相当とは言えない」ということのようです。

 インターネットを誰もが利用するようになり,弁護士事務所ですらブログを書くようになった今日この頃,このような事例は決して他人ごとではありません。
 我々ははっきり言って(逆)恨みを買いやすく,誤解も受けやすい商売ですから,いつ何時,「悪徳」「バカ」などと言う検索候補がついてもおかしくありません。
 多くの人が「悪徳」「バカ」などと検索することはないでしょうが,サジェスト汚染(サジェスト機能に悪印象の言葉ばかりが来るよう仕向けること)を請け負う業者もいるくらいですから,予防は容易ではありません。
 本当に表示差し止めはダメなのか? 他に解決策はあるのか?
 非常に考えさせられました。

 ところで,今までの文章はただのネタ振りです。
 考えさせられたことを長々と書くつもりはありません。
 私には,その長文以外に,ふと,少しだけ思ったことがありました。

 自分の名前の検索候補は何だろう,と。

 多くの方が3年に1度くらいは考えることではないでしょうか。
 実際に試した人も数多いでしょう。
 久しぶりに私もやってみました。

「み,つ,ぎ」カタカタカタ,ターン!

・見次公園
 あーなるほど,板橋にある公園ですね。あのあたりが我ら見次家のルーツという説が我が家でまことしやかに囁かれています。

・見次公園 釣り
 タナゴとかがよく釣れるようですね,あの公園。

・見次クラブ
 ランナーの団体らしいです。由来は不明。私は3キロも走れば倒れこむレベルなので参加できません。

・見次殺
 ふむふむ,なるほど,殺と。

 …え。
 ……あれ?
 戦慄が走りました。
 私はどうやら殺されるようです。
 短い人生でした。
 先立つ不孝をお許しください。
 ………
 ……
 …

 Search&Destroy
 ヴェトナム援助軍司令官ウェストモーランドが考案した戦術で,ヘリによる索敵で敵主力の位置を特定し,ヘリによる急襲で殲滅しようとするものです(Wikiより)。
 日本語でいうと,見敵必殺。
 敵を見つけ次第殺せ。

 略して,見次殺。

 この検索ワードを,見次解(事件を見つけ次第解決する)で上書きしてやるのが最近の目標です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)