海水魚水槽

 90cmオーバーフロー水槽を設置しました。

 下部には大人げない60cmの濾過槽兼不捻性アオサ飼育(ウニのエサを殖やし,栄養塩を吸収させて水質を浄化するという一石二鳥の試み。ここにもLED2本)水槽が,上部にはこらまた大人げない(いや,大人の趣味だからできることですが)13500ルクスの光量を発する高輝度LEDほか合計3つのLED光源が鎮座しています。

 住民は,魚類としてアミメハギ,ハオコゼ,シマスズメダイ,ナベカ,ギンユゴイ,海藻としてホンダワラ類,モクズ,アオサ,(別容器で種子から発芽の試み中の)アマモ,エビカニ類としてイソガニ2種,ヤドカリ,コシマガリモエビ,イソスジエビ,モエビ,貝類としてシッタカ,イソニナ,イボニシ,ムラサキイガイ,マツバガイ,アサリほか,ウニ類としてムラサキウニ,バフンウニ,その他としてゴカイ,ヨコエビその他のいわゆる「ワラワラ」。主に千葉県で採取してきた輩です。

 写真はシマスズメダイ(左上部),アミメハギ(中央),ハオコゼ(中央下部)です。テーマは,我が国近海の藻場,魚のゆりかご。もしくは私設タイドプール,かな。

 目下,ウニやシッタカによる海藻の食害を懸念。少し早すぎるように思うが,いっそ食すべきかと思案中です。

10710935_796320963782590_4396572373311407917_n

10548075_796319213782765_4729669496301167140_o

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)