お知らせ

  • 新着情報をご覧下さい

主なメディア情報

  • 新着情報NEWS

    2017.03.27 平成29年3月23日,日刊ゲンダイのコラム「老人難民 年金が足りない-お金が戻ってこない あの手この手で進化する投資詐欺」にコメント


    2017.03.24 平成29年3月15日号JACASJOURNAL№174,「消費生活相談員のための判例紹介」,「口座名義を貸した者の不法行為責任 ロト6必勝詐欺において口座名義を貸与した者について,過失による幇助責任を認めた事例 平成28年3月23日 東京地方裁判所平成26年(ワ)第6822号」(署名評釈)執筆


    2017.03.21 平成29年3月17日,TBSテレビ「Nスタ 特命取材班マルトク」で若者を狙った雰囲気商法的マルチ商法的セミナー・情報商材商法についてコメント


    2017.03.15 平成29年3月15日発行の金融・商事判例3月号増刊号1511号「金融取引の適合性原則・説明義務を巡る判例の分析と展開」に署名論稿「私募債の勧誘と金融商品販売法に基づく説明義務違反(東京地判平成22・11・30)及び「認知症高齢者に対する仕組債の勧誘と適合性原則違反(東京地判平成28・6・17)執筆


    2017.03.13 平成29年3月11日号判例時報2318号に東京地判平成28年3月23日(詐欺商法業者に用いられた銀行口座を開設するにあたり,その手伝いの内職をしていた者らにつき,口座開設の幇助をしている認識がなくとも,自らの行為が違法行為に使われる可能性が高いことを容易に知り得たとして,損害賠償責任を認めた事例)掲載


    2017.03.13 平成29年3月11日,全国証券問題研究会でシンポジウム「集団被害救済訴訟の取り組み方」パネリスト


    2017.03.09 平成29年3月8日,東京三弁護士会で「『最近の消費者被害の現状と対策』~投資詐欺・振り込め詐欺等を中心として~」と題する講義


    2017.03.08 平成29年3月3日,講師を務めた日本弁護士会連合会のeラーニング研修「消費者問題に関する連続講座~分野別編~ 第1回『金融商品等取引救済』」の配信開始


    2017.03.08 東京弁護士会の機関紙LIBRA平成29年3月号の特集「効果的な広告戦略と落とし穴」に署名記事(分担執筆)掲載


    2017.03.02 平成29年3月2日「KaiKeiZine」にレセプト債問題に関するコメント


    2017.02.20 平成29年2月17日,佐賀県弁護士会で「詐欺的商法の取引被害の訴訟の動向について」講義


    2017.02.14 東京地判平成28年12月26日(CO2排出権商法,従業員一網打尽)をUP

    新着情報をもっと見る→

  • 執筆・寄稿
  • 講義・講演
  • メディアコメント
  • 裁判例関係

ちょっとコラム

  • 弁護士の選び方
  • 朝日新聞私の視点

あおい法律事務所のご案内

 当法律事務所は,現在8名の弁護士が在籍し,証券取引,先物取引・外国為替証拠金取引(FX取引)・オプション取引その他デリバティブ取引,CO2排出権取引(CO2排出量取引)や金地金分割購入取引,未公開株・社債商法,マンション投資などのありとあらゆる金融商品取引・投資取引に関する(広義の)投資被害,投資詐欺商法の被害の回復を主とする,高い専門性を有する事案を取り扱っており,これらの被害に遭いやすい高齢者の財産保護のための後見制度の申立てなどにも力を入れています。

 また,当法律事務所は,詐欺商法業者からの債権回収を通じて集積してきた独自のノウハウを転用して,売掛金や貸金・養育費など各種の債権回収・強制執行手続の委任も広く受けています。財産の隠匿を業として行う詐欺商法業者からの債権回収は最も困難であるといっても過言ではなく,そこで蓄積してきたノウハウは,他の債権回収案件においても極めて有用なものと自負しています。

 交通事故,相続問題,借金問題,刑事事件等の通常の弁護士・法律事務所が一般的に取り扱う事案類型についても,非定型の損害賠償請求訴訟事案を多数担当してきた経験を活かして,積極的に取り組んでいます。

あおい法律事務所 代表弁護士 荒 井哲朗